相続登記について
相続登記するには、相続人を特定するのに戸籍謄本等を用意しなければなりません。 法律で決められた相続分で登記する場合。相続人全員で協議し各人がどの財産を相続するかなどの内容を決めて相続する場合があります。遺産分割の合意するについて、現実は、各人の感情が複雑に絡み合い、多くの問題が起こっています。先ずはこの問題を片づけることが一番大変です。
遺言書の作成
遺言書は、自筆証書による場合と公正証書による遺言書の作成の場合があります。
自筆証書による場合は、内容に間違が無いように慎重に作成しなければなりません。
公正証書による遺言書は、公証役場にて証人2名の立会いのもと作成されます。公証人が責任を持って作成してくれるので、安心して作成することができます。
いずれの場合も、ご相談下さい。
不動産の処分の相談
相続が発生し、土地や建物を処分してお金で分割する場合、専門家と相談して過ちの無いように処分することが大事です。少しでも高い値段で処分したと思うのは、当然です。迷うよりまず相談して、精神的に楽になってください。
その他相続に関連する問題の解決
相続が発生した場合、税金の問題が発生する場合があります。
専門家である税理士に相談しながら、財産の分割を行うことが大事です。きちんと対策を取らないと、後で思わぬ税金が発生することがあります。
土地の分割に関連する問題
土地を分割して相続をする場合は、専門家である土地家屋調査士と十分な対策をとってからの分割協議をしなければなりません。間違えると、大きな紛争が発生する場合があります。
土地の分割(分筆)は、多くの紛争の火種となっています。きちんとやらなくて、合意が成立するまで10年間も紛争が続いた事例もあります。